イタリアを襲った悲劇!!! 60年ぶりにW杯予選敗退

先日、日本がW杯出場を決め、大いに盛り上がりましたが、ヨーロッパなどでは、出場権をめぐる熾烈な戦いが続いております。

 

イタリア代表は、1958年のスウェーデン大会以来60年ぶりにワールドカップ出場権を逃しました。

 

13日に行われたロシア・ワールドカップの欧州予選プレーオフ セカンドレグでイタリアはホームにスウェーデンを迎えました。敵地での初戦を落とし、サンシーロでの逆転を目指したイタリアだったが、スコアレスドローに終わり、2試合合計0-1でロシア行きの切符を逃してしまいました。

 

1934年、1938年、1982年、2006年と過去4大会でワールドカップ優勝を飾り、最も成功を収めた代表チームの1つと考えられてきました。しかし、同国は来夏5度目の栄冠を賭けた戦いへの挑戦権を失ってしまっただけではなく、ワールドカップ連続出場数も「14」で止まってしまいました。

 

アントニオ・コンテ監督の下、2016年の欧州選手権の準々決勝でドイツ代表にPK戦の末惜しくも敗れたイタリアを受け継いだジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督でしたが、60年ぶりの大失態の戦犯として職を失うことが確実視されています。

 

サッカー大国は、結果にシビアですね。次回のW杯にどの国が名を連ねるのか楽しみです。

 

参考:Goal.com 2017年11月14日